効率よく商品を売り込むには中綴じ印刷がベスト

女性

自分をプロデュースする

小さな四角い紙面に、一人の人の情報がぎゅーっと集約されているのが名刺です。名前、住所、電話番号、顔写真のはいったものなど、自分らしさを究極に演出した名刺を作ることができます。

製本時の印刷方法

カラーチャート

視覚的な冊子を作るには

中綴じ印刷とは、ページ数の少ない雑誌・カタログ・案内などに幅広く使われている冊子の印刷方法です。1枚で4ページ分をまとめ、折部分にはホチキスで留めます。そのため、ページ数は多い冊子制作には向きません。しかし、開くと根元まで冊子を完全に開くことができるため、内側のノド綴じ(背)の部分まで、写真や画像を印刷できます。これにより、視覚的にも効果的なレイアウトデザインの冊子制作が可能になります。一般的によく知られているのは、CDジャケットのブックレットの形状です。ホッチキスで留められているため、CDケースの細い隙間にも収まり、根元まで開いた状態で机などに置けるため便利です。活用範囲は幅広く、中綴じ印刷は枚数の少ない冊子の作成時に使われています。企業ではもちろんのこと、最近では個人でも利用されています。学校案内や、商品カタログ、マニュアルや、フリーペーパーなどにも使われています。ホッチキスで止めることで冊子自体の厚みが薄いため、複数でも場所を取らずDM発送などにも使われています。根元まで見開きで開くことができるという点が、一番のお勧めの製本方法です。また業者に依頼する時に、少ない冊数からでも依頼可能という点も使われているポイントの一つです。個人でCDを作成時のCDブックレットとして歌詞カード作りや、配布用の冊子作りなど、少数部の中綴じ印刷から依頼することができます。最初から沢山の数を作成したくない場合や、手軽に冊子制作をしたいという場合に中綴じ印刷が選ばれています。

ノベルティ

キャラで知名度アップ

企業の知名度を広げるためには、オリジナルキャラクターによるグッズ作成がお勧めです。あらゆる場所での広告効果を期待する事もできます。専門業者は、売買目的としてのオリジナルグッズ作成に対する動向をより多く知り尽くしています。効果を高めれるオリジナルグッズを作成してくれる可能性を高く持ち合わせています。

印刷

印象付けるツール

名刺作成を専門業者に依頼するにも、コスパの良さは重要です。社会人として、コミュニケーションツールにも活用できるなど、名刺作成はオリジナリティ溢れる情報を掲載させられます。作成データもベースが保管され、何度も作り替えたり、新しく作成できます。